【プロスピA×iPad】おススメのフィルム〔ガラスVSペーパーライク〕の選び方を伝授します。

iPadでプロスピAのリアルタイム対戦をするなら必ず保護フィルムとタッチペンは必須になります。

まず最初に悩むのがどのフィルムにするか。

どのタッチペンにするかだと思います。

私もiPad pro(第4世代)を購入しましたがフィルムはとても悩みました。タッチペンはアップル純正のタッチペンと決めていたのですが、保護フィルムは種類も多くリアタイへの影響も大きいので重要になってきます。

今回はタイプ別の保護フィルムを2種類紹介していきたいと思います。
(タッチペンで操作する前提で紹介しています)

人気1位のガラスフィルム

iPadでリアタイするためにおススメの保護フィルムは『光沢ガラスタイプ』のフィルムです。

画面のキズを防ぐのはもちろん。滑りが良く最短でミート位置に動かすことができます。リアタイで打率が上がらない方の特徴としてミートカーソルの操作が追いつかな場合がほとんどです。予測と反応が出来てもミートが追いつかないと何の意味もありませんからね。
私がその典型で、スマホ時代は的確な操作が行えず、打率も良くて3割台。

【iPad】+【apple pencil】+【ガラスフィルム】で打率約5割まで上げることができました。

私の感覚的にさらさらしたタッチペンの操作で引っかかりが無く操作性がすごく上がりました。アンケートでも光沢のガラスフィルムが最多数だったので、一般的にも光沢ガラスフィルムがおススメです。

こちらの商品が取り付けミスも起こりにくく私も愛用しています。

光沢の無いフィルム(アンチグレア・マッドタイプ)を選ぼうと考えている方は下記で紹介しているペーパーライクフィルムをお勧めします!

少数派のペーパーライクフィルム

ガラスフィルム最強と言わんばかりに紹介しましたが、ザラついた感覚でまるで『紙に書く感覚が宿る』ペーパーライクフィルムも上級者の間で人気が出てます。
あえて少し摩擦を起こすことによって正確なタッチペンの操作を実現。微妙なカーソルのズレを防止できるメリットと、小さな変化球(例えば山岡選手の2種のカーブ)が来た時にペン先が流れにくいです。
調べてみると打率5割を越える猛者に愛用者が多い印象でした。

ガラスフィルムから買い替える場合でもザラつきが少ないタイプを選べば違和感なく乗り換えられるそうです。ご自身の現在のレベルでペーパーライクを取り入れるか判断するのがいいかと思います。私が推奨する打率は5割以上打てる方です。

入門はザラつきの少ないこちらのフィルムがおススメです。
フィルムは類似品が多いので『なめらかタイプ』を意識してさがしてみてください。


エレコムの『なめらかタイプ』は人気で品切れが多いので早めの準備をお勧めします。

こちらもおススメです。

ペーパーライクフィルムはザラつきの強弱で操作性が大きく変わってきます。慣れてしまえば猛者への道も開けると思いますが、タッチペンの感度などに影響があるので、摩擦の大きすぎないタイプを最初は選びましょう。

特に誰々がおススメしていたから絶対にこれだと決めつけない方がいいです。人それそれリアタイのレベルは違いますからね。

ヌルッと操作性重視なら光沢のガラスフィルム
ググッと精密操作重視ならペーパーライクフィルム

iPadリアタイ入門はガラス
iPadリアタイ上級はペーパー

以上のことを踏まえて、ご自身のレベルで調整してみてください。

私で例えるなら、カーソル移動のスムーズ差を重視するのでガラスフィルムを使用しています。すべってカーソル位置がズレることもありますが、カーソルの感度でうまく調整しています。

リアタイにはフィルムは絶対に必要になってくるので、iPadの購入を検討している方。もしくはフィルムはまだ購入していない方は参考にしてみてください。